夫婦別財布と一緒の財布のメリットデメリット 共働き時代は別がいい?

夫婦別財布と一緒の財布のメリットデメリット 共働き時代は別がいい?

夫婦別財布と一緒の財布のメリットデメリット 共働き時代は別がいい?

夫婦のお金管理は別財布と一緒の財布どちらがいいんでしょうか?
共働き夫婦が増えている今、夫婦のお金管理の仕方に見直しが必要です。

 

別財布と一緒の財布のメリットデメリットを提示し、比較してみます。

夫婦別財布と一緒の財布のメリットデメリット

夫婦別財布のメリット

  • 自分のお金は自分で好きに使えるからストレスがない
  • お金のことでモメにくい
  • 離婚したときに面倒がない

 

夫婦別財布のデメリット

  • お互いの貯蓄額や浪費癖を把握できない
  • 貯金がしずらい

 

 

夫婦一緒の財布のメリット

  • 夫婦の財産を把握できる
  • 貯金がしやすい

 

夫婦一緒の財布のデメリット

  • お小遣い制の場合、自由にお金が使えないのがストレスになる
  • 夫婦でお金の価値観が違ければ100%モメる
  • 離婚したときに面倒

 

スポンサーリンク

共働き時代の夫婦は別財布が普通なの?

はっきり言って夫婦別財布にする理由はただひとつ。
自分で稼いだお金は自分で管理するのが当たり前だからです。

 

専業主婦が多かった時代なら、夫が稼いできたお金を妻が管理するのが普通でした。
でも共働きの場合、その必要がありません。

 

例えばそれまで夫婦別財布でやってきた夫婦がもし突然夫婦一緒にする、夫お小遣い制を取り入れたらどうなるでしょう。

 

夫は「なぜ自分が稼いだお金なのに子供みたいにお小遣い管理されなきゃいけなんだ!」

 

こんな気持ちになるでしょう。

 

そしてこれは夫だけでなく、妻の場合も同じです。

 

夫が比較的高収入のサラリーマンで妻がパート。
夫が家計を管理していると仮定します。

 

夫が妻のパート収入をいったん預かってお小遣いだけ渡されたら妻だって不満に思うのではないでしょうか?

 

結婚前までずっと自分で稼いだお金は自分で管理し、自己裁量で使っていた人にとって、自分で稼いだお金を自分の好きに使えず、他人に管理されることはかなり苦痛だと思います。

 

したがって、共働きが普通になった今の時代に、夫婦一緒の財布を取り入れるメリットは少ないでしょう。

 

ただし、例外はあります。

 

スポンサーリンク

お金をあればあるだけ使ってしまう人はお小遣い制で管理すべき

意外と多いのが浪費癖があり、お金を持たせるとあればあるだけ使ってしまう人。

 

こういう人にお金を持たせると貯金ができないどころか、生活さえ危うくなってしまう危険もあります。

 

こんな場合は例外として、お金を管理できる方の人がお金を管理できない方の分までお金を管理し、お小遣い制を取り入れる必要があるでしょう。

 

ぶっちゃけ大の大人がお小遣い制にしないとお金を管理できないなんて、おかしな話ではありますが。

 

また、もう一つの例外が、お互いに収入が少なく、家計がギリギリの場合。

 

この場合は別財布だとなかなか貯金ができないですし、家計を黒字にすることすら難しいケースもあります。

 

こういう場合は、よく買い物する方、またはお金管理がしっかりした方が夫婦のお金をすべて一括で管理した方が家計のやりくりはしやすいでしょう。

まとめ

  • 夫婦別財布、一緒の財布それぞれメリットデメリットがある
  • 共働きの場合、必ずしも夫婦で財布を一緒にする必要はない
  • ただし、浪費癖がある人や、夫婦の家計がギリギリの場合は一緒の財布にした方がいい

 

共働きならどちらかというと別財布が一般的です。
でもどっちが自分たち夫婦に合ってるか考えてどちらを取るか選ぶといいでしょう。

 

スポンサーリンク