貧乏な共働き夫婦のお財布管理は「オープンさ」と「助け合い」が大事

貧乏な共働き夫婦のお財布管理は「オープンさ」と「助け合い」が大事

貧乏な共働き夫婦のお財布管理は「オープンさ」と「助け合い」が大事

若者が貧乏になりやすい高齢化社会。

 

共働きなのにお金が足りない、貯金ができないという貧乏な夫婦も多いです。
貧乏夫婦がお財布管理をどうすればうまくやりくり、貯金できるのかを解説します。

給料を同一の口座に振り込んで2人の収入をオープンに

貧乏夫婦のお財布管理で最初にすべき重要なこと。
それはすべての収入と支出をオープンにすることです。

 

そのために一番手っ取り早い方法が給料の振込先を同一の口座にしてしまうこと。

 

これで2人の収入は一目瞭然。
そのお金でどうやって家計をやりくりするかを考えられます。

 

今は夫婦別財布も多いけど貧乏なら別財布にする余裕なんかありません。
思い切って共有財布にしてしまうといいです。

 

給料の振り込み先を同一の口座にしなくてもお互いに給料の一部を共有口座に振り込むやり方もあります。
でも貧乏な夫婦にはおすすめしません。

 

なぜかというと、貧乏な夫婦は相手が何にお金を使ってるのか気になってしまうからです。

 

自分は超頑張って節約してるのに相方はコンビニ弁当買ってた。
貧乏夫婦はこれだけ喧嘩になったりします。

 

貧乏夫婦はお金のことで揉めがちなんです。
そしてお金のことで揉める最大の原因は相手が何にお金を使ってるのかが見えにくいこと。

 

これがストレスになります。

 

だから夫婦の収入を全部同一の口座に入れてしまい、そこから生活費もお小遣いも必要な分だけ引き出して使う。
ここまでオープンにすれば喧嘩にはなりにくいでしょう。

 

何より自分と相手の収入と支出がまるわかりなので安心できることがストレス溜まりがちな貧乏夫婦にはすごく大事です。

 

スポンサーリンク

夫婦どちらかが支出を管理。支出を絞るために頭を使う

収入をオープンにしたら次は支出をオープンに。
これで無駄遣いはできなくなります。

 

あとは生活費をどこまで削れるかです。

 

そのためには2人のうちお金管理について頭のいい方がどう支出を減らすかを考えるといいです。

 

携帯を格安スマホにするとか、家賃の安い場所に引っ越すのはどうかとか、車を軽に変えたらどうかとか保険の見直しとか。
2人の食費を1か月2万円以内に収めるにはどうすればいいか考えたり、とにかく支出を全部見て削れるところを徹底的に洗い出します。

 

また、支出を絞ることだけが重要じゃないです。
もっとも簡単なのは転職して収入を増やすことです。

 

それがなかなかできなきから貧乏なのだろうとは思いますが、支出を減らすより収入増やす方が断然早いのでここの努力は忘れずにやっておきましょう。

 

スポンサーリンク

お金が原因で離婚にならないためにも「オープンさ」と「助け合い」が大事

実は夫婦って貧乏な方が夫婦仲がいいことはご存知でしょうか?

 

2人でぎりぎりの生活。2人揃って1人前状態。
確かに2人で助け合いが必要な貧乏夫婦は仲良くなりやすいのでしょう。

 

貧乏な夫婦の中には、生まれ変わっても今の妻・夫と結婚したいと言えるくらいラブラブすぎて微笑ましい夫婦もいます。

 

 

愛はお金に勝ります

 

 

でも実は妻の方では貧乏なほど離婚を考えたことがある率が上がる、というデータもあります。

 

これは仕方ないと思います。
貧乏なら絶対金持ちと結婚していれば・・・って一度は考えちゃうだろうし。

 

実際貧乏夫婦がお金のことで喧嘩しやすいのは事実なので、貧乏なせいで喧嘩して離婚も全然あり得ることです。

 

そうならないために大事だなこと。

 

それが収入も心もオープンにすることと2人で助け合うこと。
ベタだけどこれができれば貧乏でも幸せになれるのです。

まとめ

  • 貧乏夫婦は給料を同一の口座に振り込んで2人の収入をオープンにしよう
  • 頭のいい方が支出を管理し、支出を絞る方法を練ろう
  • お金がなくても夫婦仲はいい、そんな夫婦を目指そう
 

スポンサーリンク