夫婦のお金管理の理想形 夫婦円満と貯金を同時に実現するやり方は?

夫婦のお金管理の理想形 夫婦円満と貯金を同時に実現するやり方は?

夫婦のお金管理の理想形 夫婦円満と貯金を同時に実現するやり方は?

今夫婦のお金の管理の仕方は多様化してます。

 

いったいどのやり方を採用すればいいか悩んでる夫婦も多いことでしょう。
そこで夫婦円満と貯金を同時に実現する理想的なお金管理のやり方を考えてみました。

今時の夫婦のお金管理のやり方はバラバラだけど・・・

今は共働き夫婦が増えています。
昔共働きが少なかったころは夫が働いて稼いできたお金を妻が管理するのが一般的でした。

 

でも今の夫婦は別財布で生活費を出し合うタイプ、共有口座を作り、お互いの給料から夫婦用共有口座に生活費を振り込むタイプ、共有口座にお互いの給料全額振り込む一心同体タイプと多種多様です。

 

これらのやり方の中でいったいどれが貯金もでき、夫婦円満になる理想形か予測してみますしょう。

貯金も貯まり、夫婦仲を円満にする理想形は夫婦でお財布一心同体型

正解は一心同体の共有口座にお互いの給料全額振り込みタイプです。

 

もちろんこれは夫婦ごとに合う合わないあるから一概に正解とは言えません

 

じゃあなぜあえて正解を出したかというとデータがあったから。

 

一心同体型が一番夫婦の会話の頻度が高く、かつ貯蓄も貯まりやすいというデータが出ているからです。
(参考:現代家族のライフスタイルとストレス - ハイライフ研究所)

 

なぜ一心同体型が一番いいのか理由を考えてみます。

 

オープンであること

一心同体型は1つの口座で2人の収入も支出も管理するため、お互いの収入・支出がオープンになっています。

 

これは相手を全面的に信頼してないとできないやり方です。
相手がお金を使いすぎてればすぐにわかってしまうので「何に使ったの?」とすぐ聞けます。

 

これに毎回答えるのは最初ストレスかもしれないですが長年このやり方でやっていれば最終的にお互いの支出はそれほど気にならなくなると思います。

 

仲のいい夫婦は多少残高が減ってても相手が何にお金に使ってるかなんて気にしないものです。
なぜならお互いに信頼しきってるから。

 

逆に相手がいくらお金を使ってるかがわからないと疑心暗鬼になってしまいがちです。
これは別財布の場合に起こりがちな問題です。

 

「相手はちゃんと貯金してるだろうか?」
「無駄遣いしてないだろうか?」

 

「ギャンブルしてないだろうか?」
「女遊びしてないだろうか?」

 

相手の収入・支出がわからないとこういう疑いを持ってしまうのです。

 

だから夫婦で口座を1つにし、夫婦のお金を完全に一心同体型にしてしまうと精神的なストレス、不安が減ります。

 

もちろん、大きなお金を使うときは相手に聞かれることを想定して相談したりするから喧嘩にもなりにくいです。
お金の出入りを完全にオープンにしてしまうことは夫婦仲をよくする効果があると言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

収支が完全に把握できることで2人とも家計管理を意識しやすい

夫婦別財布や生活費だけ共用口座で管理する場合の問題点の1つが2人の意識のずれです。

 

1人は「節約しなきゃ。」「貯金しなきゃ。」と考える倹約タイプ。
1人は「お金は回すもの。あれば使う。」と考える散財タイプ。

 

この意識のずれが夫婦喧嘩を呼びます。

 

また、お互いの収入・支出がわからないと家計面での意識のずれも起こりがち。

 

1人は「お金ないからお小遣いは2人とも3万以内にして月5万貯金しなきゃ」と考えていて
1人は「共働きで充分稼いでるからお小遣いは5万はもらっていいだろう」と考えている。

 

別財布だとこういう意識のずれのせいで夫婦間のコミュニケーションが上手くいかないことが多いのものです。

 

収入が多くて家計に余裕があるならまだいいのですが、家計がギリギリなのにこういう意識のずれが起きるとお互いにストレスが溜まり、夫婦喧嘩を引き起こしがちです。

 

夫婦で口座が1つでお互いの収支が完全オープンになっていればこういう意識のずれは起こりえません。
だから家計がギリギリならお互いに貯金しようという意識が働き、余裕があるならお互いに贅沢しても大丈夫という意識が働きます。

 

したがって2人一緒に貯金しようという意識が働く分貯金がしやすいことは理解できると思います。

 

浪費が抑えられる

夫婦でお財布一心同体だとお互いにお互いの支出をある程度監視している状態になります。
そのため、浪費するのは相手に悪いと感じ、むやみに浪費しなくなります。

 

浪費癖のある人はこれで治せる可能性は高いです。

 

常に自分のお金ではなく夫婦のお金という意識になるから当然ですね。

 

スポンサーリンク

夫婦でお財布一心同体型のデメリットとこのやり方を活かすための条件

じゃあこの夫婦でお財布一心同体型にデメリットはあるのでしょうか?

 

もちろんあります。

 

離婚したときや夜逃げされたときされた側にお金が残らない

特に問題になるのは共有口座を夫名義で作ってたときの妻です。

 

離婚した場合のお金については、夫婦の共有財産は請求することで夫婦平等に分けることはできます。

 

でもこのやり方で管理していた場合、上手く逃げられてしまってとか、喧嘩別れしたので請求しずらくてお金をもらえずじまいということもあり得ます。

 

だから絶対に離婚しないくらい仲の良い夫婦にしか向いてないやり方です。

 

自分で相手に知られずに自由に使えるお金がないストレス

いくら相手を全面的に信頼しているといっても自分だけで内緒で使いたいお金ってあると思います。
このやり方だとこのへそくりが貯めれないため、お金を使うときは常に相手の監視下で使うしかないことになります。

 

これは自立心の強い人にとってはかなりのストレスになるでしょう。

 

まぁ慣れればお互いがお互いの支出に無関心になるため、慣れの問題である程度は解決できるますが^^;

 

また、性格的に細かい人は相手が何にお金を使っているのかいちいち気になってしまいます。

 

血液型でいうA型タイプ。家族のことに使ったお金はならいいですが、自分の趣味に使ったお金が何に使ってるかいちいち気になって相手に聞いてしまう。
このタイプは慣れで解決しません。

 

したがって性格的に夫婦どちらかが細かい人にはこのやり方は向いてない。

 

夫婦の口座の残高が多いために勘違いしてお金を使いすぎてしまう

お金をあればあるだけ使ってしまう浪費癖のある人がいます。
こういう人は残高がたくさんあるのを見ると自分はお金持ちなんだと勘違いしてお金をバンバン使ってしまいます。

 

夫婦同一口座のメリットに浪費癖が抑えられると書きましたが、中には抑えられない人もいると思います。
その場合、夫婦同一口座にすると大変なことになるでしょう。

 

夫婦で収入差が大きい場合にお金を使うことに遠慮しがちになる

夫が高収入で妻が低収入の場合。
夫は高収入なので収入に合わせて贅沢しようと考える。でも夫婦のお金なので贅沢しづらい。

 

妻は夫が高収入な分口座にお金がたくさん入ってる状態になり、お金持ち気分を味わえる。
でも自分で稼いだお金じゃないので贅沢することに罪悪感を感じる。

 

その結果、夫婦関係がぎくしゃくする原因になるかもしれません。

 

したがって夫と妻の収入差がかなり大きい場合は別財布の方がいいと思います。
もちろんラブラブ夫婦であなたのお金は私たちのお金と遠慮なく使える妻なら何の問題もないですが。

 

スポンサーリンク

 

以上、デメリットから考えて夫婦でお財布一心同体型の恩恵を受けるための条件を挙げると

 

  • 離婚の影もなくお互いに相手を信頼していること
  • 夫婦どちらも性格が細かくないこと
  • 夫婦どちらも自立心が高すぎないこと
  • 夫婦どちらも浪費癖がないこと
  • 夫婦同士で相手に遠慮せずに行動できること

 

これらの条件を完全に満たしている夫婦ならお金の管理は一心同体型をおすすめします。
逆にどれか一つでも欠けているなら共有財布お互い振り込み型や、完全別財布の支払い項目分担制をおすすめします。

 

共有財布お互い振り込み型
支払い項目分担制

 

要するに夫婦円満と貯金を両立するのは楽じゃないってことですね^^;

まとめ

  • 貯金も貯まり、夫婦仲も円満になるお金管理の理想形は一心同体型
  • 一心同体型はお互いの収支が完全オープンであることで夫婦仲もよくなるし貯金もしやすくなる
  • 一心同体型の恩恵を受けるにはかなりの条件を満たした夫婦でないと難しい

 

夫婦円満と貯金、この両方が実現できたら理想ですが、現実はそううまくは行きません。
基本的にはどちらかを多少犠牲にせざるを得ません。

 

でももしすべての条件を満たせるなら、これは最高のやり方になるでしょう。

スポンサーリンク