不平等さをなくす夫婦共にお小遣い制

不平等さをなくす夫婦共にお小遣い制

不平等さをなくす夫婦共にお小遣い制

夫お小遣い制や妻お小遣い制に理不尽さを感じた夫婦が行き着いた先にあるのが夫婦ともにお小遣い制です。
お互いにお小遣いなら文句なし、という単純な理屈です。

夫婦共にお小遣い制のやり方

  1. 夫婦で共有口座を作ってそこに2人とも給料を全額入金
  2. 毎月決められた金額のみをお小遣いとして引き出す

 

やり方自体は珍しいですが、夫お小遣い制や妻お小遣い制をちょっと応用しただけなので、取り入れるのは簡単だと思います。

夫婦共にお小遣い制の向き不向き

夫婦共にお小遣い制が向いてる夫婦

  • 仲良く貯金したい夫婦
  • 2人とも浪費家の場合

 

夫婦共にお小遣い制が向いてない夫婦

  • 夫婦どちらか、あるいは両方が縛られるのが嫌なタイプの場合

夫婦共にお小遣い制のメリットデメリット

メリット

  • 貯金がしやすい
  • 無駄遣いを減らせる
  • 平等なので喧嘩になりにくい

 

デメリット

  • お金を自由に使えないストレスがある

 

スポンサーリンク

夫婦共にお小遣い制ってどうなの?

このやり方は片方が財布を握り、もう片方をお小遣い制にすることの最大のデメリットである不平等性を2人ともお小遣い制にしてしまうことで解消するやり方です。

 

夫婦で仲良くお金を貯めることができます。

 

特に家計がギリギリの場合にこのやり方を取り入れると、お互いストレスなく頑張れていいでしょう。

 

また夫婦のどちらか、あるいは両方が浪費家の場合も、このやり方がかなり有効です。

 

反対に、縛られるのが嫌なタイプにはお小遣い制は難しいでしょう。
自立心の強い人にとっては、お小遣いなんてもので縛らなくても、自分で管理できるわ!って思うことでしょう。

 

また、夫婦ともにお小遣い制などにせず、共有財布にしてお互いにそこにお金を振り込むやり方もあります。
こちらの方がお小遣い制でない分ストレスは小さいでしょう。

 

この辺はバランスだと思います。
いくらお小遣い制が嫌と言っても、家計がギリギリでそもそも自由に使えるお金がほとんどない場合は、お小遣い制にして縛った方がやりくりはしやすいはずです。

 

ある程度自由に使えるお金があるならお小遣い制なんて取り入れなくてもどうとでもなります。

 

自由に使えるお金が欲しい人はまず収入を増やすべきでしょう。

まとめ

  • 夫婦共にお小遣い制は夫お小遣い制や妻お小遣い制で溜まる不満を解消したやり方
  • 夫婦仲良く貯金ができていいが、そもそもお小遣い制で縛られるのが嫌な人にはストレスになる

 

夫婦で共有財布お互いに振り込み型と似ていますが、家計がギリギリかどうかや、どれだけ貯金したいかでどちらかを選ぶといいです。

 

スポンサーリンク