大人なのにお小遣い制はおかしい? おかしいのは言葉の問題だった

大人なのにお小遣い制はおかしい? おかしいのは言葉の問題だった

大人なのにお小遣い制はおかしい? おかしいのは言葉の問題だった

夫婦のお金の管理といえば妻が家計管理して旦那お小遣い制が一般的です。

 

でも大の大人が・・・それも一家の家計を支える男がお小遣い制って・・・。

 

おかしくないですかね?

 

って思って調べてみたらやっぱりおかしいと思ってる人はいっぱいいたようです。

大人なのにお小遣い制はおかしいと思う人はこんなにたくさんいる!

男性の意見

一体何が悲しくて稼いだ給料を嫁にもぎ取られているんでしょうか?

それを母親に言うと「そんなんじゃ結婚できないよ」の一点張り、そうじゃなくて何がメリットかを聞きたいのに・・・

 

私の知り合いところは、ご主人が仕事、奥様が専業主婦です。

家計はご主人が管理されているそうです。その理由として、ご主人が自身で稼いできたお金を小遣いとして、数万円もらうというやり方が心情的に受け入れられなかったそうです。

 

個人的には本当に「ありえない」と思うんですよね。何で自分が汗水流して働いた金を他人に管理されなきゃいけないのか? かなりの額貰えるなら百歩譲って許せるとしても、月5000円とか絶対にありえないです。

私はまだ結婚してないですが、結婚しても絶対にこのルールにはしないです。それを強制してくる相手とは結婚しません。そんな人と一緒に生活して好きなものも買えないぐらいなら、独身で自由に金使って生活したいです。

 

幸いにしてうちの妻はそういうことを一切言わないので、助かってます。給料は自分で管理し、妻には生活費と小遣いをあげています。自分で管理・運用するわけだから、責任はありますが、性格的に稼いだお金を他人に管理させて小遣いをもらうということは我慢できないと思うので、今の状態は望ましいものです。

夫婦合意の元で、奥さんに管理させるならまだしも、日本じゃ妻が管理して当たり前と聞くと、どこの日本の話?と突っ込みたくなりますね。

 

専業主婦も大変なことはわかっていますが、お金を稼ぐということはまた別の次元で大変です。

ですから「小遣いをあげる」といった上から目線的な言葉は私的にはお前何様だと・・・。正直思っちゃいますね。

 

どちらも大変ですから同等な言葉を使っていただきたいなと。

 

スポンサーリンク

 

 

女性の意見

うちは一応お小遣い制ですが、「あげる」と思った事は有りません。金額も主人が決めましたし、私は通帳を預かってお金の出し入れをしているだけです。主人は銀行に行く時間もありませんから私がする方が便利なんです。普段の食品や日用品等は私が買いますが、高額な買い物は主人に決定権があります。だから私が財布を握ってる、とは思ってません。

 

専業主婦(主夫も)が家計を管理しているのは、単なる便宜上じゃないですか?

私と夫だけかもしれませんが、仕事が忙しいと家計の管理はめんどくさいです。
「お小遣いをあげる」は単なる「言葉のあや」という気もします。
我が家の場合は、「お小遣い」は家計の中から「各人に分配するお金」という感覚です。
独身とは異なり、家庭(家族)を持っている以上、家族の人生設計を考えた上で家計を運営していかなければならないでしょう。
「自分が稼いだお金は自分の自由に遣っていい」という考え方は誤っていると思います。
家庭全体を考えた上で、各人の利便性のために各々が自由にできるお金を「お小遣い」として家計から分配するものではないかと。

 

私は専業主婦で家計は全て管理しています。

でも質問者さんがいうことは意見として全然間違ってないと思います。
実際私なら何で稼いできた金を渡さないといけないのかってなりますしね。
だから私がもし男ならそうとう良い女か共働きじゃないと結婚なんかしないと思います。

 

私は「お小遣いをあげる」って言わないですね。

「自由に使える分を渡す」っていう感覚です。
同じことかもしれませんけど、前者の表現はやっぱり抵抗あります。

 

私もお小遣という言葉が嫌ですから、主人に生活費をだして貰い、残りは自由です。生活できる費用をちゃんと出させるのがポイントです。そのかわり私も、自分の収入も生活費も自由に使っています。

 

(引用元:Yahoo!知恵袋、教えてgoo!)

 

案外男性女性関係なくネット民たちはお小遣い制に嫌悪感を示す人が多いようですね。
でも結構多かったのがお小遣い制が悪いわけじゃなくて言葉の問題だという意見。

 

実際お小遣い制って現実的にどうなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

共働き夫婦の世界標準は別財布。でも・・・

じゃあ日本以外の国はどうしてるのでしょうか?
調べたところ、アメリカ、ヨーロッパ共に夫婦別財布が多いです。

 

そもそも海外では大人でお小遣いとかありえないです。

 

日本でもこのことに気づき始めた人たちがおかしいと声を上げ始めているわけです。
でも日本の場合、共働き夫婦でお小遣い制を取ってる家庭も多いようです。

 

むしろ専業主婦にお小遣い制が多いようです。
そもそもお小遣い制が始まった昔は専業主婦が多かったわけだし。

 

なんでこうなるかというと

  1. 夫は仕事で忙しい
  2. 妻は昼間結構時間がある
  3. ならめんどくさいお金の管理は妻に任せた方が楽

 

結果として妻が財布を握って夫がお小遣い制になる、というわけです。

 

スーパーで食料や日用品買うのも妻だし、銀行からお金引き出すのも妻だし。
日本では何かと妻がお金を管理した方が楽なんです。

 

これが共働きの場合でも、基本的に料理作るのは妻だし、妻に方がパートとか休みや自由時間が多いケースが多い。
だから日本の夫婦のお金を妻が管理して夫お小遣い制は案外合理的な方法だったりします。

 

スポンサーリンク

お小遣い制が嫌なら妻に生活費渡して残り自由にすればいい

そもそもお小遣い制が悪いんじゃなくてお小遣いって呼んでるからダメなんです。

 

じゃあどうすればいいか?

 

簡単なことです。

 

夫が収入から生活費を妻に渡し、残りを自由にすればいい。
これですべて解決します。

 

といっても貯金とかも必要でしょう。
その場合夫は収入から生活費を妻に渡し、貯蓄用のお金を共同管理の口座に振り込み、残りが自由。

 

問題は収入が少ない場合。
例えば手取り20万で生活費12万、貯蓄費5万だとする。
残るのは3万・・・。

 

お小遣いと一緒じゃん!

 

これくらいぎりぎりの給料しかもらってない場合はお小遣い制にした方が楽でいいと思いますね。

 

というか結局収入を生活費・貯蓄費・自由にできるお金に分ける必要がある。
これ自分で分けるのめんどくさいです。

 

お小遣い制の場合はこれ妻が勝手にやってくれて自由にできるお金を「お小遣い」として渡してくれるわけです。

 

しかも生活費・貯蓄費は家計を見て妻がいくら必要か計算してくれる。
だったら妻に全額渡して自由にできるお金だけ渡してもらった方が楽なんです。男としては。

 

つまり、めんどくさがり屋の男からしたらお小遣い制って実はありがたい制度なんですよ。
ただ「お小遣い」って響きが悪いだけで。

 

これは「お小遣い」なんて呼ばずに「あなたの取り分ね」と言ってもらえば済む話。
だからお小遣い制、というか妻にお金を管理してもらうのは夫からしても全然悪くない話なんです。

 

問題は管理する立場の妻が調子に乗ってそのお金で女子会とかショッピングで勝手に散財してしまうこと
もしくは家計に余裕があるのに夫のお小遣いを上げずに貯蓄に回すフリしてへそくり作ったりすること

 

なんでこうなるかって夫がお金を全部妻に丸投げして家計に関心を示さないから妻もこうなっちゃうわけです。

 

妻をそれだけ信用してるなら任せていいだろうし、心配なら毎月でも3か月に1度でもチェックすればいい。

 

そもそも高収入なら給料全額丸投げせずに生活費と貯蓄費だけを妻にポーンと渡して残りを自分の自由にすればいいです。
高収入なら細かい家計管理必要ないし。

 

で、まとめるとお小遣い制がおかしいのは「お小遣いをあげる」って言葉が悪い。言葉のあやの問題。
実際はめんどくさがり屋の男にとってお小遣い制は楽でいい。

 

ただし、高収入の場合はお小遣い制にするメリットあまりないから「生活費と貯蓄費」だけ渡すスタイルの方がおすすめ。

 

これは低収入の人からすると羨ましい話ですけどね。
低収入の人にとっての給料全額が高収入の人にとっては給料の一部で済むからお小遣い制にする必要がないわけで。

 

低収入の人の場合は給料全額渡そうが渡すまいが手元に残る額はお小遣い程度になっちゃうからどちらのやり方をとっても変わらないのです。

 

というわけで夫が低収入ならお小遣い制はぶっちゃけありだと思います。
その場合ただお小遣いって言わずに「今月の取り分ね」とでも言えばいい話。

 

これで一件落着。

まとめ

  • 夫婦で夫お小遣い制に対してには否定的な意見を持つ人が非常に多い
  • 海外では夫婦別財布が主流だけど日本の場合妻がお金を管理するメリットが多くお小遣い制にも価値がある
  • お小遣い制がダメなのはお小遣い制そのものというより言葉の問題
  • めんどくさがり屋の男からしたらお小遣い制はむしろありがたい制度でもある
  • 高収入の人は給料の一部渡すだけで「生活費と貯蓄費」が賄えるのでお小遣い制にする必要性がない
  • 低収入の人はお小遣い制にしようが、しなかろうが手元に残るお金は変わらないので、お小遣い制の方が楽

 

今の若い世代の夫が初めてお小遣い制になったときはカルチャーショック並に拒否反応を示すかもしれません。
でも稼げばお小遣い制は必要ありません。若い人は頑張って稼ぎましょう^^

 

スポンサーリンク