夫が財布を握り、妻お小遣い制

夫が財布を握り、妻お小遣い制

夫が財布を握り、妻お小遣い制

共働きで夫が高収入の場合や、妻が専業主婦の場合に多いやり方。
自分で稼いだお金なんだから自分で管理すべき、という発想で生まれたやり方です。

 

確かに考えてみたらその通りなんですよね。
ただし、このやり方で妻がお小遣い制になるとは限りません。

夫が財布を握り、妻お小遣い制のやり方

  1. 夫は夫婦共有口座を作って管理、または単に自分の口座で管理する
  2. 妻は自分の給料はすべて貯金し、夫からもらった生活費 + お小遣いで食費や生活雑費などを賄う

 

また、夫高収入の夫婦限定ですが、妻の収入に関しては好きに使えばいいと言う夫も多いです。

 

この場合は夫は妻に生活費のみを渡し、夫は残り全額小遣い、妻は自分の収入は全額自分の小遣いになります。

 

 

逆に妻が専業主婦の場合は夫がすべての生活費を賄い、かつ妻に生活費 + お小遣いを渡します。

 

夫が高収入の場合はこれで問題ないんですが、このケースで家計がギリギリだった場合、夫は妻にお小遣いを渡さず最低限の生活費だけ渡すことが多いようです。
そうなると妻は自由に使えるお金がなくて不満が溜まります。

 

専業主婦は家事はちゃんとやってるのだから、家事代としてお小遣いを要求する権利はあると思います。

夫が財布を握り、妻お小遣い制の向き不向き

向いてる

  • 夫が高収入の場合
  • 妻が浪費家の場合

 

向いてない

  • 妻が高収入の場合

夫が財布を握り、妻お小遣い制のメリットデメリット

メリット

  • 夫が高収入ならバランスがいい
  • 夫が無駄遣いしない人なら貯金がしやすい
  • 妻の無駄遣いが減る

 

デメリット

  • 夫が無駄遣いする可能性がある
  • 妻は夫何にお金を使ってるのか把握しずらく、不信感が溜まる

 

スポンサーリンク

夫が財布を握り、妻お小遣い制ってどうなの?

このやり方のメリットはバランスがいいことでしょう。

 

共働きなら夫が高収入の場合が圧倒的に多いですが、収入の多い方が財布を握るのは自然なことです。

 

 

一方このやり方の最大のデメリットは、妻が夫の収入やお金の使い道を把握できないこと。

 

典型的なのが妻は買い物などで節約を頑張って貯金しようとしてるのに夫は毎晩のように飲んで帰ってきたりして、自由にお金を使っていたりするケースです。

 

次第に妻に不満が溜まり、夫婦喧嘩に発展してしまう可能性が高いでしょう。

 

さらにここで問題なのは妻が専業主婦で家計をすべて夫の収入で賄っている場合。
ここでモメて離婚になったとして、妻は収入がないので生活できません。

 

なので夫婦喧嘩になったときに専業主婦は圧倒的不利な立場に追いやられます。

 

もし夫が妻に絶対に言っちゃいけない言葉

 

 

「誰の金で食ってけてると思ってるんだ!」

 

 

が出てきたら夫婦の間に愛はないってことです。
悔しくても専業主婦の妻はこの言葉に対してあまりいい切り返しができません。

 

これで離婚したくてもできない妻は日本にたくさんいるようです。

 

こうならないためにも、妻は子供をある程度まで育てたらパートで働くか、在宅ワークをやるなどして、経済的に自立しておいた方がいいでしょう。

まとめ

  • 夫が高収入の夫婦に多いのが夫が財布を握って妻お小遣い制
  • このやり方はバランスがいいけど妻に不満が溜まりやすい

 

夫が財布を握って妻お小遣い制になると、夫の権力が強くなりすぎて暴走してしまうケースがあるようです。
もちろん、そんな人ばかりではないですが、そうなってしまうと離婚するしかなくなります。

 

高収入の夫は浮気もしやすい傾向があるので気をつけましょう。

 

スポンサーリンク