若い夫婦に多いお金管理のやり方 支払い項目分担制

若い夫婦に多いお金管理のやり方 支払い項目分担制

若い夫婦に多いお金管理のやり方 支払い項目分担制

今若い夫婦の間で2番目に多いお金管理のパターンです。
特に結婚前の夫婦はほとんどがこのやり方だと思います。

支払い項目分担制のやり方

  1. 夫婦で生活費の支払い項目を分担し
  2. 残りは自由

 

家賃や水道光熱費は夫の口座から引き落とし、食費や生活雑費などは妻が支払う、というのが典型例。

 

お互いの収入に合わせて負担する割合を決める、というケースが多いです。

支払い項目分担制の向き不向き

支払い項目分担制型が向いてる夫婦

  • 高収入の夫婦
  • 家を買ったり、子供を作る気がない(貯金の必要がない)夫婦
  • 結婚前の夫婦
  • 2人とも無駄遣いせず貯金できるタイプの場合

 

支払い項目分担制型が向いてない夫婦

  • 家計がギリギリの貧乏夫婦
  • 将来のために貯金したい場合

支払い項目分担制のメリットデメリット

メリット

  • 自由にお金を使えるのでストレスがない
  • お金のことでモメにくい

 

デメリット

  • 貯金しにくい
  • 不平等になることがある

 

スポンサーリンク

支払い項目分担制ってどうなの?

結婚前の夫婦ならほとんどがこのやり方だと思います。
結婚後もそのままこのやり方で通してる夫婦も多いでしょう。

 

お互いに自由にお金が使えてストレスがないのであまりデメリットはなさそうですが、一つだけあります。

 

 

貯金がしにくいこと

 

 

夫婦支払い項目分担制の場合、貯金はお互いの信頼関係で行います。

 

夫婦2人ともが、ちゃんと将来のことを考えて計画的に貯金しながら自分のお金を使う。

 

それができていればいいんですが、現実にはどっちかはちゃんと貯めてたけど片方は全然貯めてなかったとか、2人とも貯めてなくて貯金がなかった、なんてことが起こり得ます。

 

将来を考え始めたときに初めて相手に貯金額を聞いて

 

「え? 貯金そんだけなの?」

 

なんてことがよく起こるのがこのパターンです。
お互いに相手の貯金力を過信しちゃうんですね。

 

また、生活費の分担は偏りが出やすく、2人ともおおざっぱならいいんですが、細かい人は不平等感を感じてしまい、不満になるかもしれません。

 

このやり方を採用するなら、最初にしっかり計算して話し合っておくといいでしょう。

まとめ

  • 若い夫婦や、結婚前の夫婦に多いのが支払い項目分担制
  • このやり方は自由に使えるお金が多く、独身時代に近い自由さだけど、お金がもっとも貯まりにくい

 

結婚前の夫婦はほとんどがこのやり方だと思います。
始めはそれでいいですが、結婚や子供ができたらやり方を変えて貯金できるようにするべきです。

 

ただし結婚後も将来お金を使う計画がないならずっとこのやり方でもいけます。

 

スポンサーリンク