妻が高収入の夫婦はお金管理をどうすべきか?

妻が高収入の夫婦はお金管理をどうすべきか?

妻が高収入の夫婦はお金管理をどうすべきか?

女性が社会に進出したことで、妻が夫より高収入、という夫婦が最近増えてきたようです。
こんな夫婦はお金管理をどうすべきでしょうか?

妻高収入なら夫婦のお金は妻が管理するか、共同管理

高収入の妻は、まず自分のお金を夫に預けようとはしません。
なので必然的に夫婦のお金は妻管理になるか、共同で管理になります。

 

共同管理の場合、支払い分担制か、共有財布を作ってお互いが給料の一部をそこに振り込んで管理します。

 

妻が財布を握り、夫お小遣い制
共有財布お互い振り込み型
支払い項目分担制

妻が高収入の場合、妻は生活費を多く出すべきか?

妻が高収入という珍しいパターンのときに問題となるのがまずこれです。

 

夫が高収入の場合、夫が生活費を多く負担するのが一般的です。
では妻が高収入の場合はどうなんでしょうか

 

もちろん、これは夫婦ごとに正解が異なり、決まりはありません。

 

男女平等思想から考えると高収入の妻は生活費を多く出すべき言えます。
でも一概にそうも言えない事情もあります。

 

高収入女性が生活費を多く出すのを渋る理由

  • 女は家事をする
  • 女は妊娠したら仕事ができなくなる
  • 男を立てたい

 

女は家事をする

女性は基本的に男性より家事を多くする人が多いです。
最近は男性も積極的に家事を手伝う人もいますが、手伝わない男性の方が多いです。

 

むしろ手伝おうにも仕事の関係であまり家事の時間を取れない男性も多いです。

 

家計の収入も妻が多くて、家事の負担割合も妻の方が大きいとなると、ちょっと不公平じゃないか、というのが妻の本音でしょう。

 

もっとも、心の広い妻ならそんなこと思わないかもしれませんが。

 

収入の低い夫が妻に生活費を多く出してもらいたいのならば家事の負担割合を増やす努力はすべきでしょう。

 

女は妊娠したら仕事ができなくなる

女は妊娠すると仕事を休職せざるを得ません。
その間会社の福利厚生によりますが、収入は半減~0になります。

 

そうすると夫の収入だけが頼りになります。
そうなる前までに妻がしっかり貯金してくれていればいいのですが。

 

ここで貯金がないとなると大変です。

 

ですが始めから妻の収入に頼らず、夫と妻の生活費負担を同じか、夫多めにしていれば、そこまで妻の離職の影響を受けずに済みます。

 

こういうこともあるので妻の収入に頼ってしまうことはリスクがあるのです。

 

男を立てたい

女性の中には男を立てるためにあえて生活費の負担を夫多めにしたがる人もいます。

 

こういうタイプ人は夫に自分の収入を越えてほしいと暗に望んでいることが多いでしょう。

 

余計なお世話だという男性もいると思いますが、これは女性の優しさでもあるので否定しずらいです。

 

がんばって妻の収入を越える努力をするのもありですが、難しい場合も多いでしょう。

 

そんなときはこっそり家事を多くやってアピールしつつ、さりげなく生活費の負担割合を変える提案をするといいです。

 

スポンサーリンク

低収入の夫が高収入の妻に合わせるのは苦しい

高収入の妻との生活費の負担割合が同じ場合、低収入の夫はちょっと負担がきつくなるかもしれません。
特に生活レベルを高収入の妻に合わせている場合は。

 

こんな状況であれば高収入の妻に生活費の負担割合を大きくしてもらうしかないでしょう。
本来生活レベルは収入の低い方に合わせるべきですから。

 

低い方が高い方に合わせることはできませんが、逆ならできますからね。

 

ってことで収入差のある夫婦は生活レベルをどっちに合わせるのかも考慮して生活費の負担割合を決めるといいです。

まとめ

  • 妻が高収入の場合、夫婦のお金管理は妻管理か共同管理になる
  • 夫が高収入の場合は夫が生活費を多く負担するが、妻が高収入に場合はそうとも限らない
  • 低収入の夫が高収入の妻に合わせるのはきつい

 

経済的に夫と妻の収入が逆転するケースは、これからどんどん増えていくでしょう。
この場合に夫高収入の逆パターンを取るか、夫高収入の場合と同じパターンを取るかの2パターンあります。

 

結婚前によく話し合って決めましょう。

 

スポンサーリンク